きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
ドラマ&映画

山のトムさん

WOWOWが制作したドラマ『山のトムさん』は、小林聡美さん主演のほっこり系の作品です。ゆるやかに流れていくエピソードを観た感想をご紹介していきます。

山のトムさんとは?

2015年にWOWOWで放送された『山のトムさん』は、女優・小林聡美さんの主演です。以前WOWOWで放送された『パンとスープとネコ日和』が好評だった小林聡美さん。世界観の血界『山のトムさん』でも主演で登場しています。

脇を固めるのは、もたいまさこさん、光石研さん、高橋ひとみさん、市川実日子さん、木南晴夏さん。『パンとスープとネコ日和』にも出演していた俳優&女優さんが多いですが、脚本も、群ようこさん、音楽も大貫妙子さんが担当しているので、『パンとスープとネコ日和』が好きな人にはたまらないドラマになっています。

パンとスープとネコ日和

原作は日本児童文学の第一人者・石井桃子先生

小林聡美さんが主演の『山のトムさん』の原作者は、石井桃子先生です。石井桃子先生は「クマのプーさん」「ピーターラビット」シリーズなどで知られている日本児童文学の第一人者。

山のトムさんのあらすじ

東京で暮らしていた作家のハナ(小林聡美)は、トキ(市川実日子)とトシ(佐々木華樺)親子と田舎暮らしをしています。ハナのおいのアキラ(伊東清矢)は、中学校を卒業したばかりの男の子で、ハナたちと一緒に田舎暮らしを始めます。

ネズミに悩んでいたハナたちの元へやってきたのは、黒と白の子猫。子猫は、ハナに『トム』と名付けられ、ネズミをやっつけるために毎日奮闘していきます。1人の女性作家と親子、中学校を卒業したばかりの男の子、そしてネコの奇妙な家族の田舎暮らしが始まります。

山とトムさんの感想

ハナのおい・アキラの心の傷が垣間見える

『パンとスープとネコ日和』と同じく、ネコが登場する『山とトムさん』ですが、畑仕事をしながらネズミと格闘するという、のんびりとした空気が流れる田舎暮らしが物語の中心となっていました。

題名にもなっているネコのトムの成長も可愛かったですが、気になるのはハナのおい・アキラの心の傷ですね。それぞれの登場人物とアキラとの会話の中で、アキラが学校に行っていないのかな?というのが随所に感じられます。

アキラと接している誰もが、ドラマの中で「なんで学校行っていないの?」とは聞かずに、やんわりと察してアキラと接する…という雰囲気も優しいです。

ネコのトムの成長が可愛い!

Dimhou / Pixabay

ネズミを捕るために、ハナたちの家にやってきたトム。「抱っこすると、ネズミを捕らなくなる」とシオリ(高橋ひとみ)にアドバイスされたハナたちでしたが、人目をしのんでそれぞれだっこしちゃうところが描かれています。

小さかったトムが成長して、ネズミを捕ったり、友達のネコを家に連れて来たりするシーンでは、「トム、大きくなったなぁ💛」とついつい思ってしまいました。

まとめ

WOWOWで放送されていた『山のトムさん』をご紹介しました。『パンとスープとネコ日和』が好きだったので、ついつい『山のトムさん』も視聴しましたが、大事件はない物語でしたが、ハナたちの暮らしぶりがのんびりとして、そして温かくて憧れてしまいます。

ネコのトムの成長と、ハナのおい・アキラの心の傷がどうなったのだろう…と見終わってから気になりました。原作本には、もっと詳しいエピソードが書いてあるのかな?と思ってしまいます。