きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

DODリモコンUFOライト

ワンポールを愛用している我が家のテント室内で使用しているライトは『DODリモコンUFOライト』です。残念ながら販売は終了してしまいましたが、ワンポールテントを使用するのにとても便利なアイテムなのでご紹介します。

DODリモコンUFOライト

我が家のワンポールテントの室内を明るくしているのは、DODの『リモコンUFOライト』です。ワンポールテントを設営した後のポールに取り付けられます。ワンポールテントのデメリットであるポールを有効活用した便利なライトとして販売されていました。

我が家では、ピルツ15で必ず使用しています。ピルツ15は32mmの太いポールを使用しているのですが、DODリモコンUFOライトが取り付けられるポールの太さが15mmから36mmまで対応可能なので余裕で取り付けられます(実際にそのままの状態で取り付けると少し緩い状態になります。付属していたクッションをつけるか、ピルツ15の場合はポールの金具に合わせて取り付けています)。

ワンポールテントのポールやタープのポールに取り付けられなくても、ランタンフックやS字フックに引っ掛けられる金具もついています。

DODが社名が変更する前のドッペルギャンガー時代から販売していたのですが、カラフルなカラーだったので気にはなっていても購入はしなかったんですね。しかし、DODになるとブラウンが販売されて即購入を決定したのでした。

ワンポールのポールに取り付けられるというのも購入のポイントでしたが、リモコンでONとOFF、明るさの調節もできるというのも魅力です。

実際の明るさは?

DODリモコンUFOライトの明るさは、3段階ありますが、夜にテント内で物を探す時などは真ん中の段階の明るさが一番使い勝手が良いですね。一番明るい段階だと、テントの上の方までとても明るいのですが電池の消耗が激しく、連泊するのに向きません。

しかし、真ん中の段階の明るさだと電池の消耗も少なく、テント内で道具を探したりするのも楽です。

残念ながらDODでの販売は終了…

2019年時点ではDODでの販売が終了しています。明るさも申し分なく、ドッペルギャンガー時代から販売していたのにとても残念です。

DODでの販売は終了しましたが、ワンポールに取り付けられるLED式ライトはいくつか販売されているようです。DODのリモコンUFOライトは取り付けられるポールの太さが15mmから36mmまで対応可能と表記されていましたが、表記されていないLEDライトやリモコンが付いてないのもあるようなので注意が必要ですね。


DODリモコンUFOライトまとめ

ワンポールテントで使っている『DODリモコンUFOライト』の使用感を個人目線でご紹介しました。紹介したのですが、DODで販売終了してしまったのが残念ですね。壊れることもなく、ずっと愛用しているDODリモコンUFOライトがまた販売されるといいなぁと思っています。