きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

キャンプで使う消耗品は100均で揃えちゃおう⑤~調味料収納編~

ダイソーやセリアなどの100円ショップのグッズを使って、安く抑えところはおさえながらキャンプを楽しんでいます。

セリア ピタッとフタが開くタッパー

良く使うのは一番小さいサイズ

セリアのピタッとフタが開くタッパーは、サイズ違いで使っています。一番小さいサイズのタッパーは、2個セットとお得。

普段使いとして、チーズを入れています。

あと、ハム。驚くほどのシンデレラフィットで、キャンプ中に発見して笑ってしまいました。それ以降は、冷蔵庫にいつもこのタッパーで入れています。調べてみると、SNSでは有名な入れ方なのだとか。

あとベーコンも入れていますね。画像のベーコンは冷凍のですが、キャンプ場の近くのベーコンを購入して、スライス用とスープとかに入れても食べやすいサイズにカットしたベーコンを入れています。朝ご飯用の目玉焼きに使ってもよし、ホットサンドにはさんでもよし。しかも、1度に切ってタッパーに入れておけば、切る手間も減ります。

我が家では、ちょっとした冷凍用のおかず入れにも使っています。ピタッとフタが閉まるタッパーに入れ、冷凍庫へ…。キャンプに行く朝に冷凍庫からこのまま取り出します。キャンプ場で食べる時は、小さなトングで炭火やフライパンへ。必要な分だけ焼いて、蓋を閉めれば、埃や虫も入りません。

キャンプ場に行く途中で購入した肉などもこのタッパーに入れます。ステーキは私があまり好きではないので、食べやすいサイズの和牛などを購入するのですが、このピタッとフタが閉まるタッパーに、いつも和牛がぴったり収まります。

白いトレイから移し代える手間はかかりますが、クーラーボックスの場所を取らずに肉を収納できるので、空のタッパーを2個ほどクーラーボックスの中に忍ばせています。

次のサイズも良く使っています

一番小さいサイズの次の大きさのサイズは、家では残ったにんじんやだいこん入れに使用しています。キャンプでは、わんこ用の薬入れとして使用。

我が家の愛犬2匹は、シーズー系です。はなは、皮膚のかゆみで薬が必要で、ちびのむぎは最近膀胱炎が発覚…。

どちらもシーズー特有の病気を患っていて、ご飯後に薬の投与が必要です。2匹分だと薬の量も2倍…ということで、このタッパーに入れたらぴったり。冷蔵庫保存の薬でも、タッパーに入れておけば、クーラーボックスで迷子になりません。

3番目のサイズは調味料入れ

3番目のサイズは、調味料入れに使っています。粉系の調味料はオレゴニアンキャンパーのスパイスバッグに収納しているのですが、冷蔵庫保存したい調味料は、ジップロックに入れていったりしていました。しかし、冷蔵庫のあちこちに置いていたので、キャンプに持参するのを忘れたり(特にバター)、調理する時に取り出しづらかったんです。

なので、容器に詰め替えて、セリアのピタッと開くタッパーに収納して、野菜室に入れるようにしました。

この使い勝手の良いセリアのピタッと開くタッパーですが、デメリットがあります。人気のあるサイズなので、セリアで品切れしている場合が多いのと、欠けやすいことですね。特に、パッキパキに凍っている状態だと、フタのジョイント部分が欠けてしまう場合があります。欠けても使えるので、我が家は気にせずに使っています(笑)。

セリア CDケース

ピタッと開くタッパーで入らなかった調味料の大物は、セリアにあるCDケースに入れています。

主にチューブケースですね。クーラーボックスにも入れやすいですし、キャンプ場で調理をする時も、調理テーブルに乗せて使えます。使い終わったらフタをしておけるのも嬉しいですね。CDケースも野菜室に入れて管理しています。

セリア 薄型タッパー

…なぜかぼやけていますが…。セリアの薄いタッパーです。

クリスマスに売られていた鳥の香草焼きが半額だったので、年末年始キャンプに食べようと購入。年末まで時間があるので、薄いタッパーに入れて冷凍しておく事にします。2本買っても500円くらいだったので迷いましたが、他にも料理を作ろうと考えていたので、今回は1本のみにしました。

薄型のタッパーに入れてあるので、このままクーラーボックスに入れられます。この薄型のタッパーは、串揚げや焼き鳥にもぴったりです。

キャンプで使う消耗品は100均で揃えちゃおう⑤~調味料収納編~まとめ

我が家で使っている100均のグッズの中から、タッパー類を紹介しました。耐久性や密封性を考えると、100均のタッパーは不安が残るのですが、小物をいくつも分けて入れるのには、100均のタッパーはとてもリーズナブルだと思います。