きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

固形燃料の保存容器

メスティンの自動炊飯用の固形燃料のために、専用容器を購入しました。使い勝手などを紹介していきたいと思います。

ガオバブ固形燃料保存ケース

8月のキャンプからキャンプに行けていない我が家。ヘビが怖いからではなく(笑)、キャンプに行く日程が計画できないから。しばらくキャンプに行けない時は、物欲が高まります。

今回紹介するのは、ガオバブから販売している固形燃料の保存ケースです。

固形燃料って、メスティンの自動炊飯に欠かせない燃料ですが、大量に保存しておくと固形燃料の水分が飛んでしまって使い物ならなくなってしまうのをご存知でしょうか。

まだキャンプを始めた頃、我が家もAmazonで袋入りの固形燃料を「お買い得!」と思って購入したんですよね。1回のキャンプで使うのは数個、キャンプを行く回数も月に1回…という頻度でも大半の固形燃料は水気がなくなり小さくなってしまいました。

小さくなった固形燃料を着けようと試みてもつきません💦苦い経験を経て、固形燃料は使う量だけ買い足しています。

我が家が愛用しているのは、ダイソーで販売している3個セットの固形燃料。

プラスチックのカップに入って密封されています。1個使った後は、クリップで止めたり、そのままメスティンに入れて持ち運んだりしていました。

このまま保存していても破けたりしてしまうのではないかと心配になっていたんですよね。固形燃料も火気なので…

…で、ガオバブの固形燃料保存ケースの導入です。100均でも似たような容器が販売していますが、雰囲気重視で。

プラスチックのカップに入った固形燃料でも入りそうですね。

袋はセリアです。ラージメスティンに6個入りました。

残念な点

ガオバブの固形燃料ケースの残念な点として、空になった容器をスタッキングできないこと。固形燃料の形状に合わせているので仕方がありませんが、スタッキングができたらなお良い点でした。

まとめ

ガオバブの固形燃料保存ケースを紹介しました。購入したのは8月の頭だったので、前回のキャンプで使用しましたが、安心して持ち運びができたような気がします。ガオバブというアウトドアメーカーの存在を初めて知りましたが、日本のブランドだそうです。ガオバブのクッカーなどもワクワクするアイテムなので、今後チェックしていきたいですね。