きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
漫画&アニメ作品紹介

山小屋がテーマの作品「ハイジと山男」

「ハイジと山男」は、山小屋で働く男の子2人と1人の女の子の奮闘を描いた作品です。山小屋をテーマにした珍しい作品をご紹介していきましょう。

概要

「ハイジと山男」は、2015年から「BE・LOVE」で連載していました。作者は「私たちはどうかしている」を連載している漫画家・安藤なつみ先生です。

安藤なつみ先生は、小さい頃にお父さんとよく登山をしていたと本作品のあとがきで明らかにされています。登山をテーマにした作品を手掛けたいと思った安藤なつみ先生は、当時の編集さんに相談しようとしていたのだとか。

すると、編集さんから山小屋をテーマにした作品のオファーを打診され、「ハイジと山男」の制作が開始されたと描いています。『描けたらいいな』という作者と、『描いてもらいたい』という編集の思いが合致するなんて、不思議な縁ですね。

きっかけは穂高岳山荘の女主人今田恵さん

安藤なつみ先生は、「ハイジと山男」の第3巻の最後に今田恵さんのことに少し触れられています。「ハイジと山男」に登場する山小屋「みどり小屋」の設定にも、「穂高岳山荘」の思いが多く盛り込まれています。

「ハイジと山男」は、奥穂高岳山頂にほど近い標高3000m地点にある「穂高岳山荘」の女主人である今田恵さん(28歳)を知ったことからはじまりました。26歳で3代目を次、三相も2013年に90周年を迎えています。恵さんは一昨年女児を出産し今現在は山には登らず事務所で山荘をサポートしています。

「ハイジと山男」第3巻から引用

2013年に90周年を迎えた「穂高岳山荘」ですが、2018年には95周年を向かえている山小屋の老舗といっても過言ではない山小屋ですね。「穂高岳山荘」ができたのは、今田恵さんのお祖父さん・今田重太郎さんが山小屋を建てようと95年前に考えたのが始まりでした。

山小屋のスタートは大正時代!それだけでも驚きですが、今田恵さんのお父さん・今田英雄さんの代になると、太陽光パネルや風車を導入して、燃料消費量を抑えることに成功させています。お祖父さんとお父さんの背中を見て育った今田恵さんが後を継ぎたいと考えたのは自然な流れでした。

今田恵さんの代になると、外国人登山者や登山者が登る前に情報を得られるようにと「穂高岳山荘」の公式サイト作りや、SNSでの発信だけではなく、「穂高岳山荘」でWiFiが開放されるなど行われています。

あらすじ

都会で派遣として働いていた主人公・高原羽衣路(たかはらはいじ)は、山小屋を経営していた祖父が亡くなります。派遣の契約も終了した羽衣路は、祖父の残した山小屋「みどり小屋」で働いていた霧島朝日(きりしまあさひ)に遭遇。

朝日と会話したのをきっかけに、標高2315m付近にあるみどり小屋で働き始めます。山の環境を考えて歯磨き粉や石けんなどが使えない山小屋生活での仕事は、羽衣路に何を教えてくれるのか…。

2人の男性と1人の女性の恋の行方も…?!

「ハイジと山男」は、主人公の高原羽衣路と一緒に働いている2人の男性が登場します。羽衣路を厳しく指導する霧島朝日、つかみどころがないけど、山を愛している空木雅夜(うつぎまさや)。朝日は少女漫画の正統派イケメンっぽく、雅夜はワケありのイケメンでした。

朝日は羽衣路を意識しているシーンが何度も登場しますが、羽衣路は雅夜が気になる様子で、3人の男女が恋愛に発展していくのかというのも気になります。

感想

登山とは違った視点のアウトドア作品

「ヤマノススメ」や「岳」などの登山がテーマの作品とは違い、「ハイジと山男」は登山者を迎える山小屋で働く人がテーマの作品です。山小屋運営の難しさや、楽しさを主人公の羽衣路は徐々に知っていくのが面白かったです。

「ハイジと山男」の作中にもありましたが、山小屋が混雑しているとぎゅうぎゅうの雑魚寝はもちろん、食事も神経を使うのが大変そうでした。

後半になると羽衣路が山小屋運営の難しさと、仲良くなった登山者が亡くなってしまう…という切ないエピソードが描かれています。羽衣路は健気にも乗り越え成長していくのですが、残念ながら「ハイジと山男」は第3巻で完結してしまいました。

連載終了後しばらくしてからアウトドアブーム到来!

もう少し連載してキャラクターや物語を深堀して欲しいという感想をもちました。残念なのは「ハイジと山男」が連載していたのは2015年で、2017年頃からCMやバラエティ番組などでもグランピングやキャンプなどが取り上げられたので、連載時期が早かったのかもしれません。

2018年は空前のアウトドアブームが到来しているので、もう一度「ハイジと山男」を連載して欲しいなぁと思ってしまいました。登山をした経験がない人、キャンプをしているけど登山をしてみたいなぁと思っている人が読んでも楽しめる作品になっています!