きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

アウトドアデイに行ってきました♪~前編~

4月6、7日に代々木公園で開催された『アウトドアデイ』に遊びに行ってきました。人気の春のイベントを気になったテントやブースを個人目線で紹介していきます。

『アウトドアデイ』ってどんなイベント?

『アウトドアデイ』って、どんなイベントかご存知多い人もいると思います。簡単に言うとアウトドア系に関する情報がてんこ盛りの巨大イベント。

ColemanやLOGOS、カマボコテントなどで人気爆発中のDOD、サーカスtcが人気のtent-Markなど有名なアウトドアブランドから、ガレージ系のアウトドアギアを扱っているブランド、hinataやGARVYなどのアウトドメディアなど…と、とにかくアウトドアに携わっている企業やショップが一堂に会するアウトドアを楽しむ人にはたまらないイベントですっ!

東京では渋谷区にある代々木公園のイベント広場で行われていて、今回の正式名称は『OUTDOOR DAY 2019 TOKYO(以下、アウトドアデイ)』。電車で遊びに行く時は、原宿駅からイベント会場に向かえば簡単ですが、代々木公園の駐車場を停めるならば、イベント開催時間(開催時間はAM10:00~)前に車を停めたほうがいいですね。

我が家は1日目とキャンプが重なってしまったので、AM9:00ころに代々木公園に到着。代々木公園の桜が見ごろだったので、AM9:00ころでも駐車場は3割くらい埋まっていましたが、すんなり駐車場に入れました。

代々木公園はかなり大きい公園なので、まずは地図で現在地を確認して動くのがおススメです。イベント広場は、代々木公園本体の外、赤く丸をした部分、渋谷門の向かい側で開催されています。

前回初めて行ったのですが、代々木公園の中をかなりさまよい、アウトドアデイ会場に着く前に疲れてしまいました(笑)。

大きい看板が目印

渋谷門からイベント会場に向かうと、大きい看板が出迎えてくれます。この時、AM9:30ころですが、すでにアウトドアデイに人だかりができていました。会場内は、まだ多くのブースが準備中ですが、スタッフの皆さんは笑顔で迎えてくれます。

看板近くにあったチャムスブース。可愛いテントがすでに設営されていました!撮り忘れてしまいましたが、ドーム型のテントがソロキャンプなどのコンパクトキャンプによさそうだなぁ…と思ってチャムスのブースを後にします。

tent-Mark

サーカス650

次の気になるブランドといえば、tent-Mark!サーカスtcが人気で品切れが続いていますが、本当に考えられたテントで我が家も愛用しています。そのサーカスtcの新作は『サーカス650』です。

tent-Markが公開していた情報を観て、実物を楽しみにしていましたが、実際に見るとかっこよかったですね~‼

他の方もたくさん注目されていたので、人が少ない状態で撮れたのはこのくらいですが、テントの中はひんやりとして涼しかったです。今までのコットンテントといえば、シロクマロゴのノルディスクの白いイメージだったのですが、ベージュ色を採用したtent-Markのサーカスtcの登場で、男性層にも人気ですよね。

サーカス650は、新素材CV(コットンとポリエステル混紡素材)を使用しているとのこと。価格も148000円、2019年5月下旬~6月上旬に販売予定だそうなので、夏のフィールドでキャンプを楽しむ人も多そうです。

PEPO LIGHT

前からドーム型のテントが欲しいなぁと思っていたのですが、小さいながらもあっという間に設営できそうなのが『PEPO LIGHT』。

ソロキャンプでも活躍しそうな広さで、タープの下に設営すれば2人とわんこ1匹の我が家でも1~2泊くらいなら十分キャンプを楽しめそう。

PEPO LIGHTは2019年6月上旬発売予定で、価格は39800円だそう。カンガルースタイル用にもちょうどよさそうだし、このテントも品切れしそうです…。

DOD

タケノコテント

早めに見たのは、DODブース。人気エリアが予想されたので、開催時間前に足を運びました。キャンプをしていると、カマボコテントは見かけるようになりましたが、タケノコテントは1度だけで、実物を近くで見れるのを楽しみにしていたんですよね。

ピルツやツインピルツなどのワンポール系が好きだったので、タケノコテントを近くで見れて少し興奮します。

数年前までDODといえば、カラフルな色ばかりでしたが、カマボコテントを販売してからの人気は驚くばかりです。この日にDODがテントを限定販売すると公表されていたので、イベント開催時間前から50人程度の長蛇の列ができていました。

DODのブースで気になったのは、『ソトネノキクミ』というキャンプマットです。カバーが取り外し出来て厚みのあるマットレスでした。寝返りを打ちたい人や、親子で寝るのにちょうどいいサイズだったので、気になるキャンプアイテムでした。

STANLEY

STANLEYのブースが前回混んでいたので、今回は早めに見に行きます。DODのブースよりも人だかりは少なかったのですが、開催時刻後は近寄れないほどの人だかりができていました。STANLEYは、輪投げのイベントがあって、2回入れられるとアウトドアデイ限定のグッズがもらえるそうで、近寄れないほどの人だかりができていました。

STANLEYの近くにあったスター商事のブースでは、人気のペトロマックスなどのランタン系のギアの特価販売もあり、こちらも人だかりでブースには近づけず…。今回は、この後にキャンプが控えていたのでどちらのブースも諦めました。

L.L.Bean

大きいリュックとブーツ型の車が印象的なトートバックで有名な『LLBean』のブースです。トートバックなど20%オフで販売されていました。

長瀞町観光協会

アウトドアデイでは、キャンプ場も多く参加しています。その中でも目を引いたのは、埼玉県の長瀞町観光協会のブースで、ボートが乗れるエリアでした。きままなブログでも紹介した長瀞オートキャンプ場さんも参加しています。

開催時間前に見たので人はまばらでしたが、前回も大盛況のブースの一つだったので、今回もたくさんの人がボートを楽しんだんだろうと思います。

長瀞オートキャンプ場

前編まとめ

代々木公園のイベント広場を使って開催された『OUTDOOR DAY 2019 TOKYO』ですが、我が家が見たのだけでもまだまだ紹介しきれていません。前後編に分けましたので、よろしければ後編も見てくださいね~。

アウトドアデイに行ってきました♪~後編~