きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

アルペンアウトドアーズ柏店~野田スポーツ公園へ

2019年8月18日~20日に鬼怒川温泉オートキャンプ場にキャンプに行った時、テントやタープが雨で濡れてしまいます。家で乾かすのは、テントが大きくて無理なため、デイキャンプを兼ねて野田スポーツ運動公園へ。その前に、今話題のアルペンアウトドアーズ柏店に遊びに行きました。

鬼怒川温泉オートキャンプ場撤収時は雨…

ハイキングも楽しめた鬼怒川温泉オートキャンプ場のキャンプは、大半が雨に降られてしまいました。ポリコットンのタープは自宅で乾燥させましたが、ピルツ15はびしょ濡れのままです。

天候を見ながら、ピルツ15を乾燥できる日に公園に行くことにしました。ただ乾燥するのはつまらないので、昼ご飯を食べながらデイキャンプ。さらには、2019年にオープンしたばかりのアルペンアウトドアーズ柏店に用があったので、それも同じ日にドッキングしちゃいます。

鬼怒川温泉オートキャンプ場①~初日~夏はキャンプオフシーズンなが我が家ですが、8月に連休がとれたので鬼怒川温泉にある『鬼怒川温泉オートキャンプ場』にキャンプへ行きました。新...
鬼怒川温泉オートキャンプ場②~2日目~2019年8月18日~20日にかけて行った『鬼怒川温泉オートキャンプ場』でのキャンプの紹介をしています。2日は、霧降高原にあるキスゲ平園...
鬼怒川温泉オートキャンプ場③~最終日~2019年8月18日~20日にかけて行った『鬼怒川温泉オートキャンプ場』でのキャンプの紹介をしています。最終日は、雨が降った状態のままの...

アルペンアウトドアーズ柏店にはオープン直後に

千葉県柏市にオープンしたばかりのアルペンアウトドアーズ柏店は、メディアでも話題のアウトドアショップです。1階~3階まであって、アウトドアをする人にとっては夢のような巨大ショップですね。

実物を直に触ったり、希望するテントの設営方法もスタッフさんが実演してくれるので、初心者キャンパーさんにも頼りになるショップだと思います。

我が家の近所にもアウトドアショップはいくつかありますが、DODやネイチャートーンズなどのブランドの取り扱いがあるショップが少なく、実物を見るために何度かアルペンアウトドアーズ柏店に行っていました。

わんこもOK!

品ぞろえが豊富なのも魅力ですが、アルペンアウトドアーズ柏店はペットも入店OKです!以前夫婦だけで来た時に、外にドックパーキングがあるのを発見し、入り口にもペット入店可(ケージなどに入れるか、抱っこするか)のステッカーがあったので、今回は我が家の愛犬も連れてきました。

アルペンアウトドアーズ柏店には、前の週に購入した商品が破損していたので、交換してもらうために訪れました。

ですが、この日は30度~34度の天気予報だったので、ちょっとと言っても車に入れておくのは心配…。でも、テント乾燥デイキャンプでわんこを自宅に置いておくのもかわいそうだな…と考えていたので、ペット入店可なのはとてもありがたかったです。

店内は休日でしたが、オープン時間を狙ったので人は少なめ。土日などは店内も駐車場もまだまだ大混雑しているので、早めの時間の方がゆっくり回れると思います。

また、1階の女子トイレは1つしかないため、混雑時はかなり待たされます。ですが、2階、3階は穴場なので女性は1階以外の女子トイレがおススメです。

野田スポーツ公園へ出発

アルペンアウトドアーズ柏店の用事を済ませた後、野田スポーツ公園へ向かいます。曇っていた天候も回復してきました。コンビニで交代で昼ご飯を購入し、11時頃には野田スポーツ公園へ到着しました。

駐車場からカートで移動

テントが干せる広場は、駐車場の目の前にあります。駐車場の近くでは落ち着かないかなぁと思ったのと、奥のエリアの方が木陰があるので、持ってきたアウトドアワゴンに荷物を積んでガラガラ移動します。

野田スポーツ公園は、以前は火気も使用できてキャンプも出来る無料の公園として有名でした。しかし、2019年現在は、火気厳禁になり、キャンパーさんが泊まるキャンプの数も少なくなったと聞きます。

我が家もピルツ15を購入して初張りしたのが野田スポーツ公園で、チャンスがあればキャンプをしたかったなあと思っていました。

火気厳禁で焚き火やバーベキューなどは楽しめませんが、お湯は水筒に入れて持参したり、ご飯はコンビニやスーパーで購入したりと工夫すればテントやタープを張りながら過ごせる気持ちの良い公園だと思います。

タープを設営してお昼ご飯

タープを先に設営して、愛犬の場所を作ります。この時点で日差しが出てきていたので、お昼ご飯。

お休みの公園はにぎわいそうなイメージですが、この日は遠くに何組かしかいなくて、閑散としていました。何組かの方々も、お盆休みに雨にやられたのか、テントとタープを乾燥しながらデイキャンプを楽しんでいるようでしたね。

デイキャンプのお昼ご飯は、セブンイレブンの冷やしラーメンと納豆巻き。自分たちで作るキャンプ飯も楽しいですが、コンビニで買ったお昼ご飯も美味しくて楽しいです。

ではでは、テントを干しましょう

冷やしラーメンで体をクールダウンさせた後、キャンプから帰ってきて数日が経過したピルツ15です。自宅では入り口を開けただけでしたので、びちょびちょのまま登場します。

ポールを立ち上げてもびちゃびちゃ。何度もピルツ15はこの状態になったことがあります。乾燥するのにポールを立ち上げないまま干したのを試したことがありましたが、全然乾燥できません。テントというのは、面倒くさがらずに設営してしまったほうが早く乾燥します。

タープ下も熱くなってきたので、愛犬も洋服を脱ぎごろごろごろごろ。

たまにお水を飲んで、またごろごろごろごろ…。

移動しながら外のごろごろを楽しんでいます。ピンクの袋には、家から持ってきた氷を入れて涼をとっています。この日は鬼怒川温泉オートキャンプ場から帰宅して数日ですが、愛犬のお腹の調子も回復し、いつもキャンプを楽しんでいる時のリラックスした表情になっています。

飼い主も椅子に座りながらキャンプの話をしながらまったりと。熱中症も気になってきましたので、水分と塩分をとっています(笑)。

びちゃびちゃだったピルツ15も下の部分から徐々に乾燥し、1時間後ぐらいには付いていた葉っぱも落ちるほど乾燥しました。しばらく設営していなかったタープも久しぶりに設営し、今回のデイキャンプの目的が達成できました。

乾燥したので帰ります

ピルツ15がきれいに乾燥できたので、後片付けと愛犬の散歩もして自宅へ帰ります。持ってきたゴミはすべて持ち帰り。テントの乾燥はとても面倒な作業ですが、デイキャンプに組み込むことで、楽しい作業となります。