きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
ドラマ&映画

思わず一気見したくなるabemaTVドラマ『奪い愛、夏』

Nick_H / Pixabay

2019年の夏のabemaTVドラマ『奪い愛、夏』が面白すぎて毎週配信を観ています。登場するキャラクターがキャラ強めで目が離せない『奪い愛、夏』を紹介していきましょう。

abemaTVの夏ドラマ『奪い愛、夏』ってどんなドラマ?

2019年8月8日にスタートしたabemaTVの配信ドラマで、全7話配信予定。男1人と女2人が奪って奪われる泥沼の恋愛を繰り広げています。

プレミアム会員でない人は初回放送が無料なのが多いabemaTVですが、『奪い愛、夏』は、1話~最新話まで誰でも期間を気にせずに全部無料で観られます(2019年9月時点)。

主演は女優の水野美紀さん、脇を固めるのが女優の松本まりかさん、俳優の小池徹平さん、小手伸也さんなど。フリーアナウンサーの田中みな実さんも女優として出演されています。脚本家は鈴木おさむさん、主題歌にはAAAが起用されています。

奪い愛、冬

『奪い愛、夏』は、2017年1月~3月期にテレビ朝日で地上波で放送されたドラマ『奪い愛、冬』(全7話)のスタッフが集結して制作されています。『奪い愛、冬』も『奪い愛、夏』と同じく複数の男女が自分の意中の人を手に入れるため奪い、奪われる愛憎のドラマでした。

『奪い愛、夏』の登場キャラが個性が強い

怪演を見せ続ける女優の水野美紀さんに釘付け!

 

この投稿をInstagramで見る

 

8月8日(木)よる11時放送スタート!【奪い愛、夏】 「ここにいるよーー!!!」という水野 美紀の名台詞と ”怪演” で、ホラー映画よりも怖い!全員ブッ壊れすぎ!とネットで大きな話題になった、テレビ朝日の大ヒットドラマ『奪い愛、冬』がAbemaTVオリジナルドラマとして全く新しいストーリーでカムバック‼️ 前作よりも狂気度200%アップ🔥⚡️ この夏、恋愛ドラマの常識が変わる…… 主要キャストには、鬼気迫る演技に定評がある俳優陣が集結⚡️ ◆ IT女社長・花園 桜(水野 美紀) ◆ イケメン中途社員・桐山 椿(小池 徹平) ◆ 広報部員・空野 杏(松本 まりか) この豪華怪演陣が繰り広げる”危険な恋の三角関係”の行方は…⁉️ 日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー”狂愛”ドラマをお楽しみに‼️ 花園 桜(水野 美紀)の監視インスタグラム: @sakura_kanshi ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ #AbemaTV #abema #アベマ #テレビ #tv #奪い愛 #奪い愛夏 #奪い愛冬 #恋愛 #三角関係 #嫉妬 #ドラマ #オリジナルドラマ #新ドラマ #観察 #監視 #監視日記 #恋愛ドラマ #過激 #クレイジー #crazy #狂気 #ホラー #やばい #怖い #水野美紀 #小池徹平 #松本まりか

AbemaTV(アベマTV)さん(@abematv)がシェアした投稿 –

主演の水野美紀さんの演技力は特に目を引いてしまいます。水野美紀さんは、「踊る大捜査線シリーズ」や、「恋人はスナイパー」など多くのドラマや映画に出演されている女優さんです。

奪って奪われる中心にいるのが、水野美紀さん演じる花園桜です。前回の『奪い愛、冬』に登場した森山蘭のキャラクターと似た雰囲気を持っているのですが、蘭よりも桜のほうが個人的には大好きです(笑)。


蘭は、愛する人・森山信を手に入れることだけを考えてひたすら生きてきた女性で、信を手に入れる為ならどんなことでもするというタイプでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は七夕。織姫様と彦星様が永遠に結ばれませんように。 #自分記録用動画 #七夕 #お星さまに願い事

監視日記(自分だけ)さん(@sakura_kanshi)がシェアした投稿 –

一方の『奪い愛、夏』に登場する桜は、初めから社長秘書の土筆肇を使って、愛する人を翻弄していきます。蘭と桜の手に入れる為なら手段を選ばないというスタンスは共通しているのですが、ちょっとした一瞬の表情が素顔の桜の気持ちが垣間見える瞬間が桜の方が多いような気がします。

Instagramに開設されている桜のアカウントには、これまでのストーリーに沿った内容の画像や動画がアップされています。中でも好きなのは、桜が七夕の星を切り終わった直後に握って壊してしまうところ。壊した直後の桜の表情がなんともいえず、リピートしてしまいました。

桜のInstagramは「花園桜」では出てきません。『監視日記』と入力すると出てきますので、ぜひチェックしてみてください。

小池徹平さんの変貌ぶりが怖い

圧倒的な存在感の水野美紀さんの演技に負けない演技で対抗しているのは、俳優の小池徹平さんです。小池徹平さんは、「シバトラ」「医龍」などで好青年を演じているのが印象的でした。

『奪い愛、夏』に登場する小池徹平さんは、1億円と引き換えに桜と結婚をするものの、恋人の空野杏と隠れて不倫をしている桐山椿を演じています。

1話~3話くらいまでは、桜の狂気的な性格に普通の人として対抗していますが、4話以降からは「それまでの椿からは考えられない」ほどの壊れっぷりを披露しています。

松本まりかさんの受けの演技にも注目

桜と椿の愛を一心に受けるのが、松本まりかさん演じる空野杏です。第6話まででは、他の2人と比べて、杏はまだ平静を保とうという努力がうかがえますが、桜の生命の危機を知ると、自分の気持ちが誰に向けられているのかを悟ります。

杏の言動が、物語の最終段階まで影響するのは必至です。1話から見ていくと、かわいい杏がだんだん恐怖の表情が多くなっていくのも見どころだと思います。

杏を演じる松本まりかさんの声が特徴的なので、声優もされているのかな?と調べてみると、「ファイナルファンタジー」に登場する金髪のリュック役を担当していたのがわかりました。

この他にも「結婚できない男」に登場したパグのケンちゃん役だった「こつぶ」ちゃんの出したDVD「こつぶのきもち」にも出演されているのだとか。

 

女優だけではなく、声優もしている松本まりかさんですが、「ホリデイラブ」で脚光を浴び、『奪い愛、夏』でも存在感を披露し続けている松本まりかさんの今後の出演作にも注目していきたいところです。

 

『奪い愛、夏』から目が離せない

『奪い愛、夏』は、3人の男女が愛する人を奪い、奪われる愛憎がテーマのドラマです。不倫関係の椿&杏の切ない逢瀬も見どころだったのでしたが、なんといっても目が離せないキャラクターは、女優・水野美紀さんの演じる桜の言動です。

桜の言動は、『奪い愛、冬』を思い起すものも多く、前作が好きだった人も十分楽しめて、奪い愛シリーズが初めての人でも楽しめます。