きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

ワークマンに行ってきました♪~靴~

最近アウトドアでも使える洋服や靴を販売している「ワークマン」に行ってきました。今回は、靴を紹介します。

ワークマンとは?

skeeze / Pixabay

ワークマンとは、建設関係などの洋服や靴などを販売しているお店です。最近では、キャンプや登山などにも取り入れる人が多くなり、「ワークマン+」を展開し、新たな客層を増やしています。

私も以前から、長靴や雪用のブーツ、エプロンなどを購入するために行っていましたが、本当にアウトドアに使えるデザインが増えましたね~。

今回は靴を購入

今回ワークマンで投入したのは、「Wmb」と書かれた靴です。去年の冬から徐々に登場したタイプの靴がワークマンでも登場です。

価格は1500円!

もう、本当に家計に助かりますね。私は、足のサイズが24.5cmなのですが、Lsizeでちょうどよく、LLsizeではかかとがかぽかぽしてしまいました。スリッポンで履くとLLでもよいですが、今回はピッタリのLsizeを購入。

防水などは不明ですが、気軽な値段なのでダメになったらまたワークマンに行こうと思える値段設定なのも憎いところです。

インソール部分

足裏

足の裏は、ぼこぼこしています。触った感触では、やや浅めで、滑りやすさは実際に履いてみないとわからないですね。

インソールは、履いた感じだと厚みがるなぁと感じました。キャンプでは、ク〇ックスタイプのサンダルを履いていたのですが、スリッパのように履けるけど、どうしても雨の日になると中に入ってきてしまうのがデメリットだったんですよね。

今回買った靴なら、普通の靴にもなるし、スリッパのように簡単にできるので、テント内を行き来するキャンプで活躍すると思います。

嬉しい袋付き

嬉しいのが、袋が付いていることですね。

試しに入れてみましたが、大きすぎず小さすぎずとても入れやすかったです。

まとめ

今回ワークマンで購入した「Wmb」というスリッポンになるタイプの靴のカーキを紹介しました。履いてみた感じや、実際の素材感、そして値段を総合して、キャンプで使うのに丁と良いなぁと感じます。100均でキャンプに使えるもののシリーズと同じように、ワークマンもこれから紹介していこうと思います。