きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

キャプテンスタッグラーメンクッカー570ml

登山やデイキャンプなど、クッカーを使いたくないけど、ちょっとした温かいものを飲みたい!と考えて、キャプテンスタッグのステンレスラーメンクッカーを購入しました。

キャプテンスタッグステンレスラーメンクッカー 

温かいものをちょっと飲みたい…。そして、カップラーメンも手軽に食べたい…。と以前から考えていて、お店でキャプテンスタッグのステンレスラーメンクッカーを発見。かわいいサイズに一目惚れしてしまい、すぐに購入しました。

キャプテンスタッグ ステンレスラーメンクッカー570ml
製品サイズ: 幅105×全長150×高さ75mm
収納サイズ: 外径105x高さ75mm
重量 :170g
材質(品質): ステンレス鋼
原産国: 日本

キャプテンスタッグ ステンレスラーメンクッカー570mlより引用~

 

 

キャプテンスタッグステンレスラーメンクッカー570ml

箱から出してみた状態。日本製で、燕三条で作られているのがさり気なく表記されているのも嬉しいですね。キャプテンスタッグは、金物の街で有名な新潟の燕三条の会社です。燕三条という地域が、キャンプ用品を扱っている会社が多いイメージなのは私だけでしょうか。

箱の中身は、ステンレスラーメンクッカーと、袋が入っていました。

ビニール袋から取り出した、ピカピカの新品状態のステンレスラーメンクッカーです。手のひらに収まる小さいサイズ感と、ころんとした丸みを帯びた形状が一目惚れ♡

2020年は新型コロナウイルスで手に入りにくくなっていますが…以前紹介したパストリーゼできれいにステンレスラーメンクッカーを拭き取れば、コーヒーを飲むことも可能。

カップラーメンのリフィルを食べる用のクッカーですが、570mlのお湯が入れられ、蓋もあるので、ソロ用の鍋料理でも十分活躍してくれるサイズだと思います。

ちなみに、本来の目的であるリフィルを入れたらこんな感じです。個人的にはカレーが好き。カレーリフィルを食べるために必要なお湯は、330mlなので、ステンレスラーメンクッカーの570mlは余裕でクリアしていますね。

チキンラーメンのリフィルに卵を落として、再び加熱して、自分の好みの卵の硬さにするという食べ方もできます。

 

袋が少し不満…

個人的な意見ですが、付属している袋がぴったりすぎて、ステンレスラーメンクッカーを入れるのに少し手間取りました。もう少し余裕があってもいいかな…と感じますが、袋の品質は良いと思うので、このまま使っていこうと思います。

デイキャンプで試してみました

登山で使いたいと考えていたのですが、いろいろな状況が重なり、購入してしばらくは出番がなかったステンレスラーメンクッカー…。

そして、登山での使用はしばらく断念し、デイキャンプデビューさせてみました。この時は、スープはるさめをチョイス。冷めたらまた火にかけて温めるというのを繰り返していました。直接火にかけられるミニ鍋という感じで、とっても良かったです。

ただ、熱々の状態でスープを飲もうとするとやけどの危険があるので、注意が必要。ある程度冷めても、スープはしばらく温かかったですよ。

キャプテンスタッグラーメンクッカー~まとめ~

キャプテンスタッグのステンレスラーメンクッカー570mlを紹介しました。まだ1回しか使用していませんが、使い心地はとても良かったですね。これから、泊まりのキャンプだけではなく、登山やデイキャンプなどさまざまなアウトドアで使っていこうと思います。