きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

2019-2020年 さぬきファームで年末年始キャンプ~4日目・最終日~

2019年12月31日から2020年1月4日にかけて行った4泊5日のキャンプの模様を紹介しています。今回は4日目と最終日を紹介していきます。

4日目の朝です。一番寒い日よりも寒くはなかったですが、霜は生えています。

お正月なので、なんとなく飾っていました。朝ごはんの画像はないみたいです。毎回頑張って撮影していたと思うのですが、何食べたんでしょう、私たち…。

昼もほとんど記憶にありません(笑)。画像としてこんなのもありましたが、いつのご飯でしょう…。画像の料理は、一応アヒージョです。4泊5日のキャンプは、ストーブとアルコールバーナーだけで調理をまかなっていました。

4日目はちょっと長めの散歩をしたり、ゆっくりと過ごしました。

夕ご飯で問題発生

最後の夕飯は、鯛めしをしてみようと、宅配の生協で鯛めしセットを購入していたのですが…。鯛めしセットは、2合炊き。今回、我が家の持ってきたメステインでは2合炊けるものの、鯛めしの具材を入れるとあふれてしまいます。

ラージメステイン持って来れば良かったと後悔しても、もうご飯は水に浸して炊飯OKの状態です。慌てて、「ダッチオーブンで炊飯」というワードでググり、急遽初ダッチオーブンで炊飯を行うことになりました。最近では、メステインで炊飯する時も固形燃料を使用して楽していた我が家ですが、固形燃料に頼る前はガスで炊飯していました。

なので、その経験を活かし、「アルコールバーナーでもいけるでしょ」と安易に考えながら、適当な火力で行っていきます。

ご飯の音など聞かず、完成した適当ダッチオーブン炊飯で炊いたご飯がこちらです。うそのように絶妙な炊き具合で仕上がっています(笑)。おこげもばっちりで、私が唯一行ったことといえば、ごはんの匂いだったでしょうか。

アルコールの量は満タンで、火力はとろとろの弱火にした状態でしばらく放置しましたが、そろそろじゃない?という体感(およそ15分から20分程度)で、匂いをかぐとごはんの良い匂いがしていました。

急遽行ったダッチオーブン炊飯でしたが、キャンプで炊飯をしている人なら、2合以上炊きたい時は、使える方法だと思います。

最終日の朝

長かった4泊5日もあっという間。撤収の朝がやってきました。前日に作った鯛めしの残りをおにぎりにしたものをストーブで温めます。

最終日に、お雑煮っぽいお鍋が出来上がりました。

荷物とわんこをどうにか積んで、楽しかった年末年始キャンプは終了です。

おまけ

1月7日に七草がゆを作ったのですが、お米はさぬきファームさんからチェックインの時にいただいたものです。画像には収めていませんが、元旦の朝に、さぬきファームを経営しているご夫婦が、各サイトに回って柑橘類を配ってくれました。

お米も柑橘類も家に帰って美味しくいただきました。年末年始のイベントはないキャンプ場でしたが、うれしい気持ちになりました。