きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

3月に行った北軽井沢スウィートグラス~2日目の夜から最終日まで~

2020年3月に行った北軽井沢スウィートグラスの様子を紹介しています。今回は2日目の夜から、最終日の朝までです!

夜はピザ

薪風呂に入った後は、夕ご飯です。夕ご飯は、持って来た冷凍ピザに具材を少し足して、外の薪クッキングストーブで焼いて食べました。

もう一品は、北軽井沢スウィートグラスで頼んでいたゴロゴロ野菜。今回は、ほとんど北軽井沢スウィートグラスで調達しました。

忘れていたクリップの件

2月に行った母とのキャンプで、導入したminiカートは、はなむぎのちからでマジックテープが取れてしまうという悲しい現象が発生していました。母子キャンプから帰宅後、すぐにホームセンターに行って、でっかいクリップを4個購入。

片方は折りたためたけど、片方は立ったままになっちゃうな~と諦めていたのですが、就寝時にminiカートをコンパクトにした時に、クリップも折りたためました。かなり大きいクリップなので、はなむぎ(約11kg)程度ではクリップは外れません(笑)。

miniカートの床とクッションの間にホッカイロを入れ、ぬくぬくにして上げたら、はなは爆睡…。「はな」と呼んだ時のこの表情は…そろそろトリミング行かなくては…な顔に仕上がっていました。

夕ごはんを食べて、後片付けを済ませるともう就寝時間に…。キャンプや旅行って、本当に時間がすぎるのがあっという間ですよね。

最終日の朝

最終日の朝です。

はなむぎは、薪ストーブの横に座り、部屋から雪景色を眺めています。

夜中に、薪をストーブに入れていたので、雪が降っていても温かいまま寝られました。…というか、かなり薄着(上:半袖、ヒートテック、下:半ズボン、ヒートテック)でも、暖かかったです💦

朝ごはんは、北軽井沢スウィートグラスで頼んでいたホットサンドと、カットサラダ。ホットサンドは、ホットサンドメーカー付き。厚みがあり、ふわふわのパンは、2人では十分すぎるほどのボリュームでした。 むぎは、ミニドッグランで雪を堪能。はなは…薪ストーブを堪能(笑)。世代のギャップでしょうか。

サイトを後にして、北軽井沢スウィートグラスを少しだけ散策。キャンプじゃないので、こんな散歩もできちゃいますね。

飼い主たちは後片付け

散歩から帰った後は、飼い主たちは車に荷物を積み込み、はなむぎは薪ストーブを堪能。コテージとキャビンは、AM11:00チェックアウトなので、急いで積み込みましょう。

チェックアウトでぷちトラブル発生!

荷物も積み込み、はなむぎも所定の位置に収め、北軽井沢スウィートグラスの受付へ。しかし、受付で、「軽井沢方面で、雪が凍結していて、スタック事故が何台か発生しています」という情報を知ります。

スタッフさんによると、スタッドレスタイヤを履いている四駆でも怪しい状況だとか。群馬方面の道を教えてもらって、我が家は帰宅しました。この群馬方面は、ものの10分程度で雪が無くなり、坂道もほとんどなく緩やか。あっという間に、群馬の市街地にたどり着きます。…北軽井沢スウィートグラスの余韻が無くなるので、ちょっと物足りなかったけど、コロナも凍結も心配だし、今回は最善の道といえるでしょう。

北軽井沢スウィートグラス~まとめ~

今回の北軽井沢スウィートグラスは、新型コロナが忍び寄ってきたというのを感じたキャビン泊でした。北軽井沢スウィートグラスのトイレや炊事場にはアルコール消毒液も置かれていましたし、受付で健康状態の確認もありました。

我が家でも、立ち寄り場所を少なくする、コンビニに行く時など、夫婦のどちらか1人で行く、マスクと手洗い、アルコール消毒をこまめに行いながら、キャビン泊を楽しみました。

そして、何よりも雪、雪、雪!

中軽井沢などの観光地からは、離れてしまいますが、凍結を回避する、坂道が不安…だというドライバーさんは、群馬方面から北軽井沢スウィートグラスを目指したほうが安全だと思います。