きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
キャンプ&アウトドア

昭和ふるさと村オートキャンプ場でわんこ連れ夫婦キャンプ①〜花の山に立ち寄る〜

2021年4月下旬に行った2泊3日の昭和ふるさと村オートキャンプ場の様子を紹介します。今回のキャンプは主人も行ったので、わんこ連れ夫婦キャンプとなりました。キャンプ場に行く前に、四季折々の植物が楽しめる栃木県茂木町にある「花の山」に立ち寄ります。

 

おはようございます

自宅を朝早くに出ました。むぎは久しぶりの主人とのお出かけでウキウキしているのか、窓の外を眺めてばかり😅

はなは早起きだったので、ずーっと寝ています。

窓の外を眺め続けていたむぎ。ちょっとうとうとしていましたが、ほとんど起きてましたね。

道を間違える

ナビで曲がる道を曲がらずに、少し遠回りをしてしまいました💦遠回りをしましたが、ちゃんと「花の山」に行ける道に入りました。

看板も見えてホッとしております😅

「花の山」に到着

9時過ぎに無事「花の山」に到着。AM9:00〜開場なのですが、駐車場に車が停まっていました。密になる時間を避けて、朝早くに出てきたけどそれでも人がいますね。

「花の山」

2003年にオープンした「花の山」は、約70種類の植物たちが四季折々に咲く人気観光スポットでした。ですが、前の運営会社の社長さんが2018年に急逝されてから、しばらく閉鎖されていたそう。

その後、閉鎖を知らずに訪れる人が多く、町役場にも問い合わせが多かった「花の山」は、2年ほど荒廃していました。しばらくして、茂木町の管理下になり、11万5千平方メートルから8万平方メートルと縮小されましたが、2020年に再オープンし、再び茂木町の人気観光スポットでとなっています。

入り口には大きな地図があります。散策できるコースが中央コースと西コースがあり、約2.5kmの行程です。

地図の隣には、「花の山」で咲く花たちのラインナップが✨4月はヤマブキやコデマリなどが見頃のようですね🌸

入園料は1人500円。入ってすぐのところに受付がありました。事前にネットでぺット可であるのは調べ済みでしたが、受付のおじちゃんにペット可か再確認。スリングに入っていたむぎでしたが、おじちゃんが話し出すと「ワォーーーーーン!!」と大騒ぎ💦

本当に…💦

「ペットが苦手な人もいるので、気をつけて散策してくださいね」とおじちゃんに言われて、平謝り💧

でも、その後におじちゃんが「おれ、こわい顔してんのかなぁ」と冗談混じりにおっしゃられて、笑いながらも再び謝りました💦(その後、撮影許可も快くいただき感謝しています✨)

入園料は現金かPayPay払いが可能です。

入り口付近から景色は抜群です✨

ウッドチップも敷かれているので、足場もとても良いですね☺️

入り口付近は人手が少しありましたが、奥に行くと人がいなくなってきました。

ツツジがとても綺麗です☺️

はなも名前の通り、花が好きなのかな☺️芝桜の時と同じように、今回の「花の山」の植物を堪能しているようです。

あら、目があっちゃった☺️前足がぴょこんと出ているのが可愛い💕親バカですいません😅

むぎはすでにスリングから出て歩いています。

散策は地図と看板を見て歩けば迷わない

約8万平方メートルの里山に作られた広い「花の山」は、まるで迷路のようです。でも、地図と看板を見ながら散策すると迷いません。

地図と、分岐ごとにある看板を頼りに、ダンジョンをクリアするように歩いていきます。

水分補給も忘れずに☺️

はなはやっぱり飲んでくれません💧飲んで欲しいんですけどね💦

今回選んだルートは、西ルートです。西ルートは入り口から見て左側を散策するルートです。ちょっと登山をしているかのような道が続き…

むぎは大好きな道草も堪能しています。何か口にくわえたようです。

くわえたのは松ぼっくり。

嬉しそうな表情をしていますが、現場では「ブーブー!!」と歓喜の声をあげていました😅食べても危ないので、すぐに回収しましたよ💦

その後も歩き続けます。

はなもいつもの散歩とは違って、「花の山」散策を楽しんでいる様子。むぎは、松ぼっくりを何度もくわえながら「ブーブー!!」と鳴いて大喜び→それを飼い主が回収のループ作業をこなしていきます😆

まだゴールは見えませんよ〜😄