きままなブログ
Webライターがキャンプと漫画を気ままに語ります
神経鞘腫の闘病レポ

神経鞘腫の闘病レポ⑨~傷口はどうなった? その4~

神経鞘腫の手術跡や、その後後遺症があるのか紹介していきます。傷跡を画像でアップするので注意してくださいね。

神経鞘腫とは?

私が患っていた神経鞘腫は、首の左側にできていました。2019年2月に摘出手術を行い、2020年3月現在は定期検診をして経過観察中です。

詳しくは過去の神経鞘腫の記事を見ていただくとわかりやすいと思います。

神経鞘腫の闘病レポ①2014年の春頃に、鎖骨と鎖骨の間の窪みにボコったした『何か』を発見した私は、病院へ向かいました。たいしたことはないと考えていたのとは裏...

神経鞘腫の術跡の経過を時系列で…

摘出前の神経鞘腫の画像です。わかりにくいかもしれませんが、画面向かって右側が膨らんでいます。

上の画像が術後3ヶ月くらいの術跡です。まだ赤みがあり、マフラーやスカーフをしていた頃でした。痛みもかなりあり、寝るのに苦労していたのを思い出します。

この画像が確か、2019年の夏頃。術後半年頃ですね。まだ赤みがあり、引きつる感覚がありましたね。この頃に、ファンデーションを塗って、日焼け対策や人から見られる対策をしていました。

2020年3月現在の術跡はどうなっているのか?

2020年3月時点での術跡はこんな感じです。赤みもほとんどなくなり、引きつる感覚も痛みも全くありません。半年以上前に塗っていたファンデーションも、年末年始頃には塗らずに過ごしていました。

2020年3月にCT検査

新型コロナウィルスが蔓延していますが、病院にCT検査の予約を入れていたので、2020年3月に定期検診に行ってきました。

恐る恐る病院へ…病院はいたる所の入り口にアルコールが設置。自分でもアルコール&マスク対策をして挑みました。以前紹介したパストリーゼを新型コロナウィルス前に、アウトドア用として数本ストックとして自宅にあって良かった…。新型コロナウィルスが発生したからというのではなく、日頃から備蓄は、こまめにしようと思った瞬間でしたね。

ただ、アルコールがない場合は入念な水洗い(30秒以上)か、石鹸での手洗い洗顔でかなりウィルスが除去されるとのこと。部屋の掃除には、アルコールでなくても薄めた中性洗剤でも効果があると報道がありました。

さらには、アルコールや手洗いで手が乾燥しやすく、手荒れ予防にハンドクリームも塗ってケアして欲しいという報道がありました。我が家も今あるアルコールが無くなったら、手洗いとうがいを今まで以上に行おうと思っています。

気になるCT検査の結果ですが、何も異常はみられず、気になる病変もなく術後も順調ですね☺とお墨付きをいただきました♡

手術を行ってメリット・デメリット

以前もお話したかもしれませんが、首にできた神経鞘腫を取り除く前は、神経鞘腫があるからなのかは不明ですが、頻繁に喉風邪を引いていて、急性気管支喘息や、インフルエンザも頻繁にかかっていました。でも、神経鞘腫の術後は、「風邪を引きそうだな…」という喉の痛みは何度かあったものの、寝込んでしまうような重度の風邪を一度も引かずに過ごせています。

デメリット…を考えてみましたが、定期検診に行かなければならないということぐらいですかね😂。私は、キャンプも車で行きますし、自宅でライターの仕事をひたすらしているので、ほとんど電車に乗りません。

年齢を重ねていくうちに、電車に乗るのが億劫になっています。電車に乗ってしまえば楽しいんですけどね。

神経鞘腫の闘病レポ⑨~傷口はどうなった? その4~

神経鞘腫の摘出後、1年2ヶ月が経過して、術跡がどうなっているのか、メリット・デメリットを紹介しました。デメリットというのはほとんどなく、風邪にも引きにくくなったので、摘出手術をして良かったと思う日々が続いています。

これからも、定期検診で経過観察は行われる予定ですが、どうか、再発しませんように…。